スロット 麻雀格闘俱楽部 参

スロット 麻雀格闘俱楽部 参


A T
導入日: 2019/08/05
メーカー: コナミアミューズメント

「機械割」


「リール配列」


■機種情報
「パチスロ麻雀格闘倶楽部シリーズ」3作目となる本機は、1G純増約5枚のATで出玉を増やすタイプ。
通常ゲーム中は対局が進行し、リプレイで手牌を進めレア役でアガるお馴染みのゲーム性だ。
今作では符計算や供託棒システムも導入され、より本格的な「新・リアル対局システム」となっている。
対局勝利を経て突入するAT「格闘倶楽部RUSH」は枚数管理型。
アガリ点数とリンクした初期枚数を持ってATはスタートし、AT中はレア役やハズレで規定枚数を上乗せ。
上乗せ発生率は約8.9分の1で、高確中なら約5.2分の1にアップするなど上乗せなしで駆け抜けることのほうが珍しい上乗せ特化型ATとなっている。
AT終了後は引き戻し対局「真龍ロード」に移行し、勝利すればATへ再突入。
真龍ロードで引き戻し八連荘を達成すれば役満となり480枚+αの報酬が得られる特典もあり。
押し順当ての「鬼ヅモチャンス」や高打点・高アガリのチャンスとなる「三人麻雀」など新要素も満載だ。

■ゲームの流れ
・AT突入までの簡易フロー
●通常ゲーム
対局勝利でATへ。
アガリ点数がATの初期枚数に。

●AT「格闘倶楽部RUSH」
枚数管理型。
終了後は真龍ロードへ。

●引き戻し対局「真龍ロード」
対局勝利でATへ。
八連荘達成で役満に。

■AT消化手順
押し順ナビ発生時は、ナビに従い消化。
「?・?・?」ナビは、押し順勝負(押し順正解で強リプレイ)。
それ以外は、通常ゲーム中と同じでOK。

●AT「格闘倶楽部RUSH」
【システム】
枚数管理型、1G純増約5枚、レア役やハズレで規定枚数を上乗せ
【突入】
対局勝利、昇龍チャレンジからの直当たりなど
【終了】
規定枚数に到達(引き戻し対局へ)
【備考】
初期枚数は対局でのアガリ点数とリンク、上乗せ発生率は約8.9分の1(高確中は約5.2分の1)

○引き戻し対局「真龍ロード」
【システム】
対局勝利でATへ
【突入】
AT終了時
【終了】
敗北
【備考】
親対局となりアガリ点数は1.5倍、八連荘で役満に(報酬480枚+α)

○AT契機「対局」
通常ゲーム中は対戦者決定後対局がスタート。
対局中はリプレイやレア役で手牌を進め、テンパイ後はレア役でアガリを目指す。
アガればそのときの点数を枚数換算しATへ突入する。
今作では敵雀士のリーチ棒も対局勝利時に枚数変換される(供託棒システム)。
高打点・高アガリのチャンスとなる「三人麻雀」や「役満チャンス」などの特殊対局は激アツだ。
対局前のチャンスアップパターンとして、ちょっとタイム、ファイトクラブチャンス、バカンスチャンス、雀牌ルーレットなども存在。

○AT契機「昇龍チャレンジ」
Tの直撃が期待できる昇龍チャレンジは、毎ゲーム報酬期待度がアップ。
プレイでATを抽選、レア役が成立すればATへ。

■通常ゲーム中の打ち方
左リール上段付近にBARを狙う。

●角チェリー時
中&右リール適当打ち(3連チェリーなどは強チェリー)。

●スイカ上段時
中&右リールにスイカを狙う。
小役ハズレで強チャンス目。

●上記以外
中&右リール適当打ち。
中段「リプ・リプ・ベル」は弱チャンス目、中段「リプ・チェ・リプ」は強リプレイ。

【レア役】
スイカ、強&弱チェリー、強&弱チャンス目、強リプレイ。

■演出のポイント
・イベントモード
対局をサポートするイベントモードが複数存在。
牌ぱちモードは、有効牌を高確率で獲得。
プチプロじゃんけんバトルは、じゃんけん勝利でツモ運UP!?
バカンスモードは、翻数UPの高確率状態。
特訓は、ツモ運UPの高確率状態。
浴衣モードは、ツモ運UPや翻数UPの高確率状態。