スロット CTザクザク七福神

スロット CTザクザク七福神


R T
導入日: 2019/03/18
メーカー: 山佐

「機械割」


「リール配列」


■機種情報

2002年の『ザクザク千両箱』や2006年の『すーぱー福の神』の流れを汲む本機は、ボーナスで出玉を増やすRT搭載タイプ。
RTで再現したチャレンジタイム(CT)を搭載し、4号機時代を彷彿とさせるゲーム性となっている。
ボーナスは最大150枚のBBと約40枚のRBが存在し、BB後は50%以上でCTへ。
CTはベル揃い4回or最大100G(77G+23G)まで継続し、4回目のベルが揃わないよう2コマ目押しでベルをハズしながら延命させるゲーム性だ。
CT中のボーナスはCTに再突入するなど、一度CTに突入してしまえばループ率は63%超。
そんなCTをうっかりミスで終わらせないよう、手順やポイントについてはしっかり把握しておきたい。
本機は4thリールで演出が発生する液晶非搭載マシンで、設定は1、2、5、6の4段階設定(確率は独自調査値)。

■ゲームの流れ

●通常ゲーム
レア役はボーナスのチャンス。

●ボーナス
BB中は技術介入で最大150枚。
RBは特定箇所を狙って約40枚。
BB後の50%以上でCTへ。

●RT「チャレンジタイム(CT)」
ベルハズシをしながら最大100G継続。
CT中のボーナス成立で1G目から再スタート。

■ボーナス構成

ボーナスはBB2種類、RB2種類で構成。

●BB
・赤7揃い、青7揃い
216枚を超える払い出しで終了(最大純増150枚)

●RB
・「赤7・赤7・BAR」、「青7・青7・BAR」
54枚を超える払い出しで終了(純増約40枚)

■ボーナス契機
すべての小役でボーナスの同時当選あり。

■ボーナス消化手順

BB中は「狙うのだ!」発生時に、中リール中段に青7をビタ押しし、中段に止まった7と同じ色の7を左リールに狙う。
その際、右リール中段に同じ色の7をビタ押しするとCTの追加抽選も受けられる。
中リールの目押しに失敗した場合は7が停止しないため、左リールに赤or青の7を狙い右リール適当打ち。
ちなみに、CT(維持区間)中のBBは正解の色をナビしてくれるので、指示された色の7を左リールに狙って中&右リール適当打ち。
それ以外は、適当打ちでOK。

RB中は、左リールにBARを狙って中&右リール適当打ち。

■RT消化手順

順押しナビ発生時は、順押し適当打ちで消化。
ただし、保険ハズシをする場合は、逆押しで左リール中段or下段に赤7を狙う。
逆押しナビ発生時は、逆押しで左リール中段or下段に赤7を狙う(ベルハズレでハズシ成功)。
福助ランプ点滅時は、左リールにBARを狙って中&右リール適当打ち。
それ以外は、通常ゲーム中と同じでOK。

●RT「チャレンジタイム(CT)」
【システム】
最大100G継続
【突入】
BB終了後の一部、CT中のボーナス終了後
【終了】
ベル4回入賞or規定ゲーム数の消化
【備考】
1G純増は約0.2枚、ベル3回までは保証区間、ベル残り1回になると維持区間へ、維持区間でベルが揃うとCTは終了、維持区間での逆押しナビ時にベルハズシでCT延命、維持区間滞在時に77G到達で+23G(ハズシの必要なし)

○CTのポイント「初心者編」
2コマ目押しに自信のないプレイヤーは、保証区間内に保険ハズシをしておくのがベター。
というのは、維持区間で2コマ目押しを失敗するとその時点でCTが終了してしまうため。
維持区間に移行させないよう順押しナビ時に逆押しで保険ハズシをしながら、40G程度消化したら順押しナビ時は順押しで消化しベルを入賞させる。
CT突入後77G目に維持区間に滞在していれば+23Gの延長ゲーム(目押しでのハズシが不要)がもらえるので、維持区間突入後は77G到達が目標。

○CTのポイント「上級者編」
2コマ目押しはまずミスすることがないという上級者は、順押しナビ時に順押しでベルを入賞×3をスピーディーに実施し、素早く維持区間へ移行させるのがベスト。
というのは、CT中にBBが成立した場合、保証区間での成立なのか、維持区間での成立なのかで、恩恵が異なるからだ。
維持区間での成立ならBB中2択役成立の場合に正解をナビしてくれるが、保証区間での成立なら正解のナビは発生しない。
ただ、正解のナビがなくても通常ゲーム中のBB同様、中押しのビタ押しができれば2択役を完全に取得できるためビタ押しに自信にあるプレイヤーはそれほど気にする必要はない。

■通常ゲーム中の打ち方

左リールに赤7を狙い、右リール適当打ち後スイカテンパイ時のみ中リールにスイカを狙う。

【レア役】
スイカ
チェリー(赤7の下の茜図柄がチェリーの代用)
1枚役
チャンスベル(4コマスベってベル揃い)
確定役

■演出のポイント

スベリコマ数表示機能
リール下の7セグ部分では各リールが何コマスベって停止したかを表示。
例えば、ベル揃い時に「421」と表示されれば左リールが4コマスベってベルが揃った=チャンスベルとなる。
0〜4以外の数字が出現するチャンスパターンなども存在。

■天井

なし。