パチスロ 大海物語4 with すーぱーそに子

パチスロ 大海物語4 with すーぱーそに子


R T
導入日: 2018/10/15
メーカー: 三洋物産

「機械割」


「リール配列」


■機種情報

2018年5月に登場した『パチスロ 海物語4』の姉妹機となる本機は、「すーぱーそに子」とのコラボレートマシン。
ボーナスで出玉を増やすRT搭載タイプで、基本的なゲーム性は前作を踏襲している。
前作からの主な変更点は、ボーナス確率のアップ、BB枚数の減少(300枚→250枚)、RB後はRTへの突入なし、2段階目RTへの昇格率アップ(約50%→約70%)、2段階目RTの継続ゲーム数(40G→30G)など。
BB終了後は最大20GのRT「そに子タイム」に移行し、そこで昇格リプレイが出現すれば30GのRT「すーぱーそに子タイムタイム」へと突入だ。
液晶で図柄が揃えばボーナス確定となるパチンコライクなシステムで、新規のそに子演出を多数搭載している。

ちなみに、本機は1、2、5、6の4段階設定。

■ゲームの流れ

●通常ゲーム
 リプレイがボーナスのメイン契機。
 液晶で図柄が揃えばボーナス確定。

●ボーナス
 適当打ちで消化。
 BB後はRT「そに子タイム」へ。

●RT「そに子タイム」
 BB後に突入。
 最大20G継続。
 昇格リプレイ成立でRT「すーぱーそに子タイム」へ。

●RT「すーぱーそに子タイム」
 30G継続。

■ボーナス構成

ボーナスはBB3種類、RB2種類で構成。

●BB
・赤7揃い、青7揃い、BAR揃い
 288枚を超える払い出しで終了(純増250枚)+RT

●RB
・「赤7・赤7・BAR」、「青7・青7・BAR」
 108枚を超える払い出しで終了(純増約100枚)

■ボーナス契機

レア役やリプレイでボーナスの同時当選あり。

■ボーナス消化手順

順押し適当打ちでOK。

●BB
BBスタート時は楽曲を選択。

■RT消化手順

通常ゲーム中と同じでOK。

●RT「そに子タイム」

【システム】
最大20G継続、昇格リプレイ成立でRT「すーぱーそに子タイム」へ
【突入】
BB終了後
【終了】
規定ゲーム数の消化or昇格リプレイ成立
【備考】
RT昇格率は約70%(設定1)

●RT「すーぱーそに子タイム」

【システム】
30G継続
【突入】
RT「そに子タイム」からの昇格
【終了】
規定ゲーム数の消化
【備考】
そに子魚群が出現すればボーナス確定

■通常ゲーム中の打ち方

左リール枠内に2連BARを狙う。

●角チェリー時
中&右リール適当打ち。
3連チェリーでチャンスチェリー(右リール赤7がチェリーの代用図柄)。

●中段チェリー時
中&右リール適当打ち。

●2連BAR中段&下段時
中リール適当打ち後、右下がりベルテンパイ時のみ右リール枠上に赤7を狙う。
右下がり「ベル・ベル・リプ」でチャンス目。

●上記以外
中&右リール適当打ち。


【レア役】
 チェリー、チャンスチェリー、中段チェリー、チャンス目。

■演出のポイント

・演出モード
 通常ゲーム中の選べる演出モードは4種類。
「ラグーンモード」は、リーチ演出を楽しむモード。
「アトランティスモード」は、連出の連続を楽しむモード。
「トレジャーモード」は、ステップアップ演出を楽しむモード。
「クリスタルモード」は、一発告知を楽しむモード。


・液晶チャンス目

 液晶の停止図柄がすべて同じ色なら液晶チャンス目となりボーナスのチャンス。
青図柄より赤図柄のほうが期待でき、同じ数字のない同色バラケ目なら大チャンス。

・チャンスゾーン
 チャンスチェリー出現後はチャンスゾーンへ移行(内部的にプチRT状態)。

■天井

なし。