スロット ハイカ 101

スロット ハイカ101


R T
導入日: 2018/08/06
メーカー: 山佐

「リール配列」


■機種情報

完全オリジナルとなる本機は、ボーナスで出玉を増やすRT搭載タイプ。
小窓にハイカが登場すればボーナス確定となる完全告知マシンで、BB終了後は101GのRTに突入する。
RTの1G純増は約0.6枚あるため、101G完走すればBBと合わせ約300枚の獲得が期待できる。
ボーナス中に技術介入要素があり、BBで最大239枚、RBで最大49枚の獲得が可能。
ちなみに、本機は1、4、6の3段階設定。

■ゲームの流れ

●通常ゲーム
ハイカ登場でボーナス確定。

●ボーナス
技術介入要素あり。
BBは最大239枚、RBは最大49枚獲得。

●RT
101G継続。
1G純増は約0.6枚。

■ボーナス構成

ボーナスはBB1種類、RB1種類で構成。

●BB
・7揃い
350枚を超える払い出しで終了(最大純増239枚)

●RB
・「7・7・赤BAR」
62枚を超える払い出しで終了(最大純増49枚)

■ボーナス契機

ブドウ以外の小役でボーナスの同時当選あり。

■ボーナス消化手順

BB中は1回だけ8枚役を獲得するのがベスト。
8枚役の獲得方法は、左&中リール適当打ち後、中段リプレイテンパイなら右リール中段に7を狙う(8枚獲得)。
以後、右リールで7を避けて消化(順押しでも逆押しでも可)。

RB中も1回だけ6枚役を獲得するのがベスト。
6枚役の獲得方法は、左リール中段に「黒BARの下のチェリー」をビタ押しし、中&右リール適当打ち(6枚獲得)。
以後、左リールに7や赤BARを狙うなど、順押し適当打ちで消化。

■RT消化手順

通常ゲーム中と同じでOK。

●RT
【システム】
101G継続、1G純増約0.6枚
【突入】
BB終了後
【終了】
規定ゲーム数の消化
【備考】
ボーナスの引き戻し確率約52%

■通常ゲーム中の打ち方

左リールにチェリーを狙い、中&右リール適当打ち。
ちなみに、ベルやパーキーは確率が低いため狙わなくても問題なし。


【レア役】
チェリー、ベル、パーキー。

■演出のポイント

告知タイミング
ハイカ登場のタイミングは第3ボタンを離したあとの後告知がメイン。
レバーON時などの先告知パターンもあり。

■天井

なし。