パチスロ 貞子 vs 伽椰子

パチスロ 貞子 vs 伽椰子


R T
導入日: 2018/05/28
メーカー: 藤商事
製品ページ: https://www.fujimarukun.co.jp/products/machine/sadakaya/sp/

「機械割」


「リール配列」


「配当画像」


■機種情報

映画「貞子vs伽椰子」とタイアップした本機は、ボーナスで出玉を増やすRT搭載タイプ。
RTは2段階方式で、ボーナス終了後はまずRT「バーサスチャレンジ」へ突入する。
バーサスチャレンジの最大継続ゲーム数はBB後が20G、RB後が3G。
バーサスチャレンジで移行リプレイが出現すればその種類に応じたRTへ突入だ。
2段階目RTは、20GのRT「伽椰子RT」、40GのRT「貞子RT」、77Gの「貞伽椰RT」の3種類。
BB後のバーサスチャレンジのみ技術介入性があり、伽椰子RTへの移行リプレイのみ目押しで回避可能だ。
ギリギリまで20GのRTをハズしつつ40or77GのRTを期待するゲーム性で、40or77GのRTには目押し不要で突入する。
通常ゲーム中は4種類の演出モードが存在し、基本的に手のギミックが落下すればボーナス確定だ。
液晶非搭載のタイプで、音やランプなどで演出が発生。
ちなみに、本機の設定は1、2、5、6の4段階。

■ゲームの流れ

●通常ゲーム
レア役はボーナスのチャンス。

●ボーナス
BB中は技術介入で311枚。
RB中は左リールBAR狙いで52枚。
ボーナス終了後はRT「バーサスチャレンジ」へ。

●1段階目RT「バーサスチャレンジ」
BB後は最大20G、RB後は最大3G。
移行リプレイ出現で2段階目RTへ。
BB後のみ技術介入性あり。

●2段階目RT
伽椰子RTは20G。
貞子RTは40G。
貞伽椰RTは77G。

■ボーナス構成

ボーナスはBB実質2種類、RB実質2種類で構成。

●BB
・赤7揃い、青7揃い
344枚を超える払い出しで終了(最大純増311枚)

●RB
・「赤7・赤7・青7」、「青7・青7・赤7」
45枚を超える払い出しで終了(最大純増52枚)

■ボーナス契機

レア役やリプレイでボーナスの同時当選あり。
期待度は、スイカ≪リプレイ≪弱チェリーの順。
中段チェリー、強チェリー、強ベル、BAR揃いはボーナス確定。

■ボーナス消化手順

BB中は1回だけ14枚役を獲得するのがベスト。
14枚役の獲得方法は、予告音「プルルル♪」発生時に中&右リール適当打ち後、左リール枠上or上段に3番BARを狙う。
以後、順押し適当打ちで消化。

RB中は左リールにBARを狙って、中&右リール適当打ち。

■RT消化手順

RT「バーサスチャレンジ」中は、リール左のランプとリール下に表示の残りゲーム数に注目。
リール左の伽椰子ランプ点灯時は、残りゲーム数が6G以上なら移行リプレイハズシにチャレンジ。
移行リプレイハズシは、中&右リール適当打ち後、左リール枠上or上段に3番BARを狙う。
残りゲーム数が5G以内の場合は、左リールに青7を狙って、中&右リール適当打ち(伽椰子RTへ)。

貞子ランプ点灯時は貞子RTへ、貞子&伽椰子ランプ点灯時は貞伽椰RTへ突入するため、適当打ち。
それ以外は、通常ゲーム中の打ち方と同じでOK。

■通常ゲーム中の打ち方

左リール枠内に「BARに挟まれたチェリー」を狙う。

●角チェリー時
中&右リールにBARを狙う。
3連チェリーで強チェリー、ベルの小山型で強ベル。

●中段チェリー時
中&右リール適当打ち。

●スイカ上段時
中リールにスイカを狙う(右リールは適当打ち)。

●上記以外
中&右リール適当打ち。

【レア役】
スイカ、強&弱&中段チェリー、強ベル、BAR揃い。

■演出のポイント

演出モード
通常ゲーム中の演出モードは4種類あり、十字キーを同方向に3回押すことでモード変更が可能。
「通常モード」はバランスタイプ、「伽椰子モード」は完全告知タイプ、「霊感モード」は違和感告知タイプ、「貞子モード」はチャンス告知タイプ。

■天井

なし。