ぱちスロ テラフォーマーズ(京楽)


タイアップコンテンツは『週刊ヤングジャンプ』で連載中のマンガ「テラフォーマーズ」

敵役のゴキブリ型テラフォーマーを模した巨大な「Gボタン」を搭載した専用筐体を使用。

本体定価44万8000円。販売予定台数1万台。型式名「パチスロテラフォーマーズQ」。

導入日
2016年6月20日



ぱちスロ テラフォーマーズ  京楽

RB‐ARTタイプ
図柄 RB:「青BAR」/「黄BAR」/「赤BAR」
プレミアムフリーズ「ミッシェル極限RUSH」:「黒7」

確率 設定 ボーナス ART 初当り確率 出玉率
@ 1/149.6 1/443.2 97.9%
A 1/144.7 1/425.1 99.0%
B 1/138.3 1/407.2 100.3%
C 1/132.4 1/363.9 104.1%
D 1/124.8 1/328.4 107.8%
E 1/119.4 1/294.4 112.0%



大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツであるテラフォーマーズは原作・貴家悠、作画・橘賢一によるマンガ。『週刊ヤングジャンプ』にて連載中で2014年にアニメ1期が放映。本年4月より2期「テラフォーマーズリベンジ」が放映中。さらに実写映画版も公開中となっている。映画版には京楽も制作委員会に名を連ねる。敵役のゴキブリ型テラフォーマーを模した巨大な「Gボタン」を搭載した専用筐体を使用。

●RB‐ARTタイプ。ボーナスの獲得枚数は約33枚。天井はゲーム数、ボーナス回数、チャンスリプレイ回数のいずれかの規定数到達でART確定。

●ART「MARS RUSH」の1ゲームあたりの純増枚数は約1.6枚(ボーナス込約1.9枚)、1セット40ゲームのセット数継続タイプ。初回突入時に継続率を決定する。ART中は毎ゲーム継続抽選を行い、バトル勝利で継続。平均継続率約80%、最高継続率約97%。ART中のボーナスは「テラフォーマーチャンス殲滅」となり、「殲滅成功」でセットストックを行う。「殲滅成功」の約3分の1でセットストック特化ゾーン「最終決戦」に突入。1セット10ゲームの前半「極限人為変態バトル」で継続ゲーム数を決定し、「最終決戦」では毎ゲーム約3分の1でセット数のストックを行う。「最終決戦」中のボーナスは「燈極限」となり、特化ゾーンのゲーム数上乗せ抽選を行う。「黒7」揃いからはロングフリーズを経由して次回ボーナス成立までの無限ART「ミッシェル極限RUSH」に突入。同ART中はボーナスが「燈極限」となり、「最終決戦」に突入。

●通常時は超高確「アドルフステージ(赤)」、高確「アドルフステージ(青)」、高確示唆「テラフォーマーステージ」、「通常ステージ」の4種類で構成。ボーナス当選時はART突入のチャンスとなる「テラフォーマーチャンス」に突入。ボーナス突入時のステージによってART当選確率が異なる。「エピソードボーナス」当選時はART突入が確定する。