CRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄(三洋)


「CRスーパー海物語 IN JAPAN」シリーズのデジ羽根タイプ追加スペック

本体定価42万8000円、セル定価37万8000円。
販売予定台数5万台。型式名「CRAスーパー海物語INジャパンSC」。
「イルミオ」枠の特別色「スイートPINKバージョン」を使用。

導入日
2016年7月4日



CR第1種タイプ

賞球数 3&2(電チュー)&6&10
確率 1/99.9→1/9.9(約10倍)
出玉 16R:最大1120個  7R:最大 490個 ※すべて7C
確変 (ST タイプ) 突入率 100% 継続率 約63.1%(ST6回+時短) ・ヘソ、電チュー共通…16R確変(変短100回):5%、7R確変(変短50回):60%、7R確変(変短25回):35%
変短 大当り終了後、100回、50回、25回


大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2015年11月発売の「CRスーパー海物語 IN JAPAN」シリーズのデジ羽根タイプ追加スペック。新たにタイアップする「桃太郎電鉄」(桃鉄)は1988年に第1作目がファミコンで発売され大人気を博した、鉄道会社の運営をモチーフとしたボードゲーム。開発・販売元はハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)。

これまでの一発告知を主としたデジ羽根タイプ「海物語」シリーズとは異なり、ゲーム演出を重視。大当りラウンド中には「桃鉄」でおなじみの「すごろくゲーム」を採用し、プレミアム演出や、ゲーム性に取り入れた。

●大当り確率99.9分の1のSTタイプ。ST6回の突入率100%、19回〜94回の時短引き戻しを含む継続期待値は約63.1%。振り分けはヘソ、電チュー共通で最大1120個獲得の16R大当り比率5%。振り分けの95%は最大490個獲得の7R大当りとなる。

●新規演出として、大当りラウンド開始直後の「桃鉄チャンス」発生で保留連を示唆。ボードゲームでは「スペシャルラッキー駅」を目指してカードを選択し、駅到着で大当り。7R終了時の「夜叉姫ルーレット」発生は、保留連または16R大当り昇格となる。
通常時の演出は、いつもの「海モード」、お祭りを題材とした「お祭りモード」、四季に彩られた「ジャパンモード」の3種類から選択可能。モード毎に異なる、「桃鉄」キャラクターが登場するプレミアム演出を多数搭載する。