CR DD北斗の拳 三兄弟Ver.(高尾)


「DD北斗の拳」はマンガ「北斗の拳」をベースとしたカジオによるギャグマンガ

2010年12月より『月刊コミックゼノン』で連載中。平和な世界で社会を生き抜く北斗三兄弟を描いた「もう一つの北斗の拳」。

本体定価43万8000円、セル定価39万8000円。
販売予定台数2万台。型式名「CR DD北斗の拳WXC」。「スパイラルインパクト」枠。

導入日
2016年8月1日



CR第1種タイプ

賞球数 3&1(電チュー)&6&15
確率 1/319.6→1/34.8(約9.2倍)
出玉 16R:最大2400個  7R:最大1050個  6R:最大 900個  4R:最大 600個 ※すべて10C
確変 (V‐ST タイプ) 突入率 56%(ST36回+時短64回) ・ヘソ…16R確変:10%、6R確変:46%、6R通常(時短80回):2%、6R通常(時短60回):14%、6R通常(時短40回):28% ・電チュー…16R確変:60%、7R確変:10%、4R確変:30% ※すべての確変大当り終了後には変短100回がつく
変短 大当り終了後、100回、80回、60回、40回



大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツの「DD北斗の拳」はマンガ「北斗の拳」をベースとしたカジオによるギャグマンガで、2010年12月より『月刊コミックゼノン』で連載中。平和な世界で社会を生き抜く北斗三兄弟を描いた「もう一つの北斗の拳」。「DD」は「デザイン・デフォルメーション」の略称。ノース・スターズ・ピクチャーズ制作によるアニメも放送された。

機種オリジナルのインバウンド向け遊技説明映像により、英語、中国語、韓国語、日本語の4カ国語でPRが行われる。
盤面には液晶下部にメイン液晶とリンクして、跳ね上がり、回る「昇天ビジョン」、右アタッカーには玉の軌道と爽快な消化を重視した「REIアタッカー」などを搭載する。

●大当り確率319.6分の1のミドルタイプ。V‐STタイプで、ST36回+時短64回の「海王モード」突入率56%。右打ち時は最大2400個獲得の16R大当り比率が60%。

●初当りからは「ハイパービッグボーナス」、「無想ボーナス」でSTに突入。「百裂チャレンジボーナス」時は「百裂チャレンジ」成功でST突入、失敗時は低確または高確の「思い出モード」に突入する。ST中の大当りでは「レインボー7」図柄揃い、「ロゴ落下」、「バトル勝利」で16R大当り。

●通常ステージに加えて、4種類の先読みゾーン、2種類の特殊ゾーンで構成。RTC機能として「北斗の刻」を搭載。パロディなど「アソビゴコロ」を満載したさまざまな演出群を搭載する。