CR絶狼RR-Y

CR絶狼RR-Y


導入日: 2016/01/25
メーカー: サンセイアールアンドディ
製品ページ: http://www.sansei-rd.com/products04/zero/index.html



「スペック RR-Y」
タイプ:甘デジV-ST
大当たり確率:1/99.9→1/76.65
賞球数:3&15
ヘソ:3個
電チュー:3個
その他:3個
大入賞口:15個
ラウンド数:3or4or16R/10C
確変:51%→100%(ST40回転)
時短:40回転

・ヘソ 特図1
16R確変(電サポ80回):1%
4R確変(電サポ80回):50%
3R通常(時短40回):49%
・電チュー 特図2
16R確変(電サポ80回):10%
4R確変(電サポ80回):90%



「機種紹介」

2005年から放送された「牙狼<GARO>」シリーズ第4作として公開された「絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-」をモチーフにした甘デジタイプのST機。
V確変タイプで、通常時は51%、電サポ中は必ず40回のSTに突入(ST後に時短が40回付く)。
40回のST中に当たる確率は約40.9%。非ST時は時短40回(引き戻し率約33.1%)。
絶狼ダブルアタッカーを搭載して16R大当たりの払い出し出玉2400個を実現、初代の『CR牙狼XX』を彷彿させる役物や液晶演出、『CR牙狼魔戒閃騎鋼』や『CR牙狼金色になれ』で好評の3D演出などがウリ。
潜確や小当たりなどは搭載していない。大当たりになれば必ず出玉があり、電サポが働く。
通常時大当たりの49%は実質3R通常で、時短が40回付く。
液晶上部から降下するエンブレム、左右から飛び出す銀狼剣の各役物を搭載。
盤面右下に2つのアタッカーを配置(上はVアタッカーを兼ねる)。交互に開いて無駄玉発生を防ぐ「絶狼ダブルアタッカー」となっている。