パチンコ : Rギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国 MAXタイプ (三洋物産)

Rギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国 MAXタイプ (三洋物産)


導入日:2015年9月7日

「スペック XMA」
タイプ:マックスV確変
大当たり確率:1/399.6→1/118.0
賞球数:3&1&4&10&12
ラウンド数:2or15R/8C
確変:50%→75%
時短:100回転

・ヘソ 特図1
15R確変:44%
2R確変:6%
15R通常:50%
・電チュー 特図2
15R確変:69%
2R確変:6%
15R通常:25%


「スペック YMA」
タイプ:強ミドルV確変
大当たり確率:1/259.0→1/102.2
賞球数:1&4&10&12
ヘソ1個戻し
ラウンド数:2or10or15R/8C
確変:55%→70%
時短:50回転

・ヘソ 特図1
15R確変:45%
10R確変:3%
2R確変:7%
10R通常:45%
・電チュー 特図2
15R確変:60%
10R確変:3%
2R確変:7%
10R通常:30%



「機種紹介」
デュアルサブ液晶を使用して、横スクロール5ラインの迫力を増したV確変ループタイプのMAX機。
1995年に発表された『CRギンギラパラダイス』後、10年と14年にもシリーズ機が出ているのでこれが4代目。
すべての大当たりで出玉があり電サポが働くスペック、よりワイドな遊技感を実現したデュアルサブ液晶と出玉感増大に貢献する右打ち専用入賞口の搭載といったデバイスの進化、倦怠感を感じさせない高速変動を実現した先読み予告メインの確変中演出などが特徴。
潜確や小当たりは搭載していない。時短と見せかけた確変はあるが、100回転抜け時に報知される。
通常時は50%、電サポ時は25%を占める通常大当たりは実質15Rで、時短が100回転付く。引き戻し率は約22.2%。
メイン液晶の上下、もしくは左右に出現するデュアルサブ液晶、それがひっくり返って登場するファラオッキー、上部にホルスの目の各役物を搭載。
大当たり中、電サポ中は右打ちする。
盤面右下にアタッカーを配置。その右には4個賞球の「BONUS PLUS」を装備している。
演出はこれまでの『海物語』や『ギンギラパラダイス』シリーズ同様、シンプルなモードや賑やかなモードなど、3つのモードから打ち手が選ぶことができる。