パチンコ : パチンコCR貞子3D WXA (高尾)

パチンコCR貞子3D WXA (高尾)


導入日:2015年4月6日

「スペック WXA」
タイプ:マックスV-ST機
大当たり確率:1/387→1/96.9
賞球数:3&3&3&14
ラウンド数:1or10or13or16R/10C
確変:50%→100%(ST155回転)
電サポ:100回転or155回転

・ヘソ
10R確変(サポ155回):44.4%
1R確変(サポ155回):5.6%
10R通常(時短100回):50%
・電チュー
16R確変(サポ155回):50%
13R確変(サポ155回):18.4%
10R確変(サポ155回):31.6%


出玉有当たり継続回数:3.56回
実質出玉有継続確率:71.9%
削り無獲得出玉総差玉:5,752玉

4円等価ボーダ16.8回転/千円


「機種紹介」
2012年5月公開の映画「貞子3D」がモチーフのMAXタイプのST機。
V確変タイプのため、通常時は50%、電サポ中は100%の確率で155回転のSTに突入。非ST時は時短100回。ST継続率は約80.0%、時短引き戻し率は約22.8%。
裸眼3D液晶を使用して恐怖映像をよりアピール、打ち手の意表を突く動きをする役物群、裏技感覚の演出もあるRTC「連鎖する静寂の刻」の搭載などが特徴。
潜確や小当たり、突確は搭載していない。1R確変は搭載。
通常時大当たりの50%を占めるのは10R通常大当たりで、時短が100回転付く。
液晶下部から上部左右へと自在に動く貞子の手、中央に出現する恐怖のスマホ&呪いの貞の各役物を搭載。
大当たり中、電サポ中は右打ちする。
通常時も約1/6.1の確率で小デジが当たり、0.5秒、電チュー(盤面最下部のミニアタッカー)が開放する。