パチンコ : パチンコCR弾球黙示録カイジ3 (高尾)

パチンコCR弾球黙示録カイジ3 (高尾)


導入日:2015年2月2日


「スペック WXA」
タイプ:マックスV-ST
大当たり確率:1/394.7→1/105.1
賞球数:3&15
ラウンド数:1or8or12or16R/10C
確変:50.4%→100%(ST166回)
電サポ:100or166回転
・ヘソ
12R確変(電サポ166回転):45.6%
1R確変(電サポ166回転):4.8%
8R通常(時短100回転):49.6%
・電チュー
16R確変(電サポ166回転):80%
1R確変(電サポ166回転):20%


「機種紹介」
高尾から『CR弾球黙示録カイジ3』が登場。出玉にこだわったMAXタイプである点はシリーズ共通だが、演出においてはすべてが一新され、アニメ+3DCGにて独特のカイジワールドが展開。
スペックは大当り確率が1/394.7、ST突入率が50.4%のV確変仕様。STは166回転のロングタイプでST継続率は約80%、電サポ中であれば全大当りの80%が出玉約2400個の16Rとなる。

ST「カイジバトルRUSH」では、カイジが己の心の闇に潜む悪魔とのバトルに勝利すれば大当り濃厚。フル3DCGで展開するST中演出は、これまでの「カイジシリーズ」にはなかった新たな興奮をもたらしてくれる。

通常時に注目したい演出は、「カイジ一服予告」「天地大逆転予告」「運否天賦チャンス」「兵藤降臨予告」の4種類。特に「カイジ一服予告」はこれまでのシリーズと違って4段階アクションに変わっており、最終段階まで発展すれば超激アツとなる模様。
また、本機は新枠の「スパイラルインパクト」を採用。2段階式に飛び出る「インパクトボタン」、ハンドルの裏に搭載されたことで右手のみでボタン演出を楽しめる「ハンドル演出ボタン」、筐体上部にさりげなく搭載されている激アツランプ「隠しキレパンダ」などで、大当りまでの道程をさらに盛り上げてくれる。






中古トラック