パチンコ : CRフィーバークィーンII (SANKYO)


CRフィーバークィーンII (SANKYO)


導入日:2014年11月17日


大当たり確率 1/99.9 → 1/12.0
賞球数 3&10&11
確変率 100%(ST8回)
ラウンド 5Ror16R(8C)
出玉 約440個or約1408個※メーカー発表値
時短 大当たり終了後に40回or100回




『機種紹介』
往年の名機『フィーバークィーン』が、甘デジで完全復活。
大当り確率1/99、確変突入率100%のSTタイプで、16確変ならST8回転+時短92回転(電サポ100回転)、5R確変でST8回転+時短32回転(電サポ40回転)。
小当りや潜伏確変はなく、ST中の連チャン率は約50.1%で、電サポが100回転継続した場合の連チャン率は約80.2%とかなり高めだ。

演出はかなりシンプルで、リーチはシングルとダブルがメインだが、一旦停止後の戻りや滑り等、往年の名機と同様のアクションがしっかりと継承されており、ダブルはシングルの2倍期待できるのも初代譲り。
もちろん新規演出も搭載されており、前兆専用特殊リーチとして「フリーズ」「全消灯」「逆回転」「中リール遅れ」があり、基本的にボタンをPUSHするか、V-コントローラーを引くかで当否が決定。
さらには3つ揃いでドラムが回転する「全回転リーチ」も搭載されている。
予告は先読みがメインとなっており、「保留変化予告」の赤、リールが停止時に跳ねる「バウンド前兆」の強パターン、「カウントダウン前兆予告」が1までカウントされれば灼熱




中古トラック