スロット : シンデレラブレイド2 (ネット)

シンデレラブレイド2 (ネット)


導入日:2014年10月6日


「リール配列」



「役構成」




『機種紹介』
2012年に登場し、衝撃のゲーム数上乗せ演出OPT(おしりペンペンタイム)にて業界を騒然とさせた『シンデレラブレイド』の第2弾が登場。登場キャラが40人に増加、OPT発生ポイントの増加、豪華声優陣の起用など、見所満載でホールデビューを迎える。

ゲームの流れは前作と似ており、通常時は32G周期で行われる抽選に当選すればAT「武闘会」へ突入する。周期到達時は、敵国の王女VSシンデレラ&お姉さまたちのバトルが展開。通常時に、いかにレア役を引くなどしてレベルアップしているかで勝率が変化するぞ。そしてバトルに勝つと、初期ゲーム数を決定するOPTが発生。ボタン1PUSHのたびに1〜100Gが上乗せされ、1PUSHの継続率は90〜99%となっている。(平均55G)

AT「武闘会」は1Gあたりの純増が約2.3枚で、消化中は成立役に応じて画面上部のメーターがステップアップしていく。メーターが最大まで上がると「姉妹選抜バトル」が発生し、勝利すればOPTor上乗せ特化ゾーン「お尻狩り」へ突入する。なお、ATゲーム数が0になっても、液晶で重装歩兵が出現した際に赤7を揃えることができればOPTが発動するため、最後までOPTに期待しながらATを消化できる。

そして本機の目玉演出とも言える上乗せ特化ゾーン「お尻狩り」では、0G連で赤7or青7が揃うたびにOPTストック&「お尻狩り」が継続。7揃い継続率は60〜85%となっており、青7が揃った場合は次回の7揃いが約束されるぞ。そして7図柄揃いに失敗すると「お尻狩り」は終了し、継続率90〜99%のOPTを一気に放出する。

また、本機では敵国の王女はもちろん、前作同様にお姉さまたちを対象としたOPTも存在。さらには特定条件を満たすと、シンデレラやプリシラにまでおしりペンペンできるようになる!?





中古トラック