スロット : JACK POT ヤーマ

JACK POT


ホール導入予定2014年02月17日


『リール配列』





・・・・・・・・・・・・・・・・
展示会速報

リムーブシステムが新しい「JACK POT」発表(ヤーマ)

式会社ヤーマは19日、パチスロ新機種「JACK POT」(ジャックポット)のプレス発表会をベルコショールームで開催した。



発表会では、同社の徳山誠佑社長が登壇、「業界は下降線を辿り、ART機で一時的に浮き上がったが、コイン単価の上昇でお客は疲弊している。その中でAタイプコーナーの起爆剤となる機種を送り出す。今後もAタイプを開発し、定期的にリリースしていく」と挨拶した。

その後、新機種について同社取締役営業部長の荒川誠治氏が商品説明を行った。PV上映に続き荒川氏は「ヤーマの開発理念はお客が楽しめる機種づくりと、業界に貢献できる機種づくり。この理念の下、業界を取り巻く負のスパイラルからの脱却を図っていく」と話した。

また、本機の販売元となる株式会社ベルコ、ベルコ販売株式会社の国本籍雄社長は「ヤーマとベルコは業務提携で無駄のない開発体制が整った。今後の両社に注目して欲しい」と中締めの挨拶を行った。

本機は、純増312枚のビッグボーナス、純増104枚のレギュラーボーナスを搭載した完全告知のAタイプ。リプレイハズレでボーナスという伝統の出目を持ちながらも、リプレイ成立の次ゲームでリプレイ絵柄がずれる「リムーブシステム」という新たな演出を搭載、シンプルさの中にひと味加えた機種となっている。

ホール導入は2月16日を予定している。