スロット : 吉宗 (大都技研)

吉宗大都技研



『リール配列』


【ボーナス+AT合算】
設定1  1/172.3
設定2  1/165.1
設定3  1/162.2
設定4  1/144.9
設定5  1/133.6
設定6  1/116.9


『機種概要』
4号機時代にMAX711枚のストック機として爆発的ヒットを遂げた吉宗が、新システムと初代の遺伝子を融合し、AT機となって登場。
枚数管理型のBIG・RB(疑似ボーナス)と、ゲーム数管理型のATのループにより出玉増加を目指すゲーム性で、疑似ボーナス・ATともに1Gあたりの純増は約2.8枚となっている。
BIG中は成立役に応じて枚数上乗せ・1G連・ATの抽選が行われる(AT中はゲーム数上乗せ)。1度の上乗せで最大711枚獲得可能。
また、ゲーム数解除と自力高確率を融合させた新ゲーム数管理システムを採用することで、ゲーム数解除ゾーンだけでなく、それ以外のゾーンも期待感を持ってプレイすることが可能となっている。
AT「爆走大盤振舞」は、1セット40G+αとなっており、消化中はゲーム数上乗せに加えて、枚数上乗せ、セット継続、セット上乗せなど、多種多様な抽選が行われる。
さらに、ゲーム数の上乗せ確率が大幅アップする「極大盤振舞」をはじめ、究極の上乗せ特化ゾーン「将軍RUSH」を搭載。特に、後者将軍RUSHの上乗せ性能は群を抜いており、突入時は大量上乗せの大チャンスとなる。