パチンコ : CR花の慶次SP〜琉

CR花の慶次SP〜琉


ニューギン/2013年12月導入開始


『大当たり絵柄』



『スペック L2−K』
大当たり確率:1/297.89→1/78.48
賞球数:3&2&8&15
ラウンド数: 2or12or14or16R/9C
確変:100%(ST100回転)
振分け
ヘソ
14R(実質4R、電サポ100回):30%
14R(実質8R、電サポ無):30%
12R(実質4R、電サポ100回):30%
12R(実質8R、電サポ無):10%
電チュー
16R(電サポ100回):80%
2R(電サポ100回):20%


『機種紹介』
活躍の舞台を琉球に移すと共に、初のミドルタイプST機へと生まれ変わった「花の慶次」シリーズ最新作『CR花の慶次SP〜琉(りゅう)』が登場した。全ての大当たり終了後に突入する100回転のSTは、昇格演出に失敗すると電サポナシの「船上モード」(回転数に応じて「難破モード」→「回想モード」と移行)、成功時にはフル電サポの「喧嘩モード」にて消化することになる。喧嘩モード中は多数の専用演出と共に首里城を舞台とした一騎打ちが展開し、連チャンを重ねることで「毛虎編」から「竜獄編」、そして感動のエンディングへとストーリーが進展。連チャン時にはシリーズ最高の16ラウンド大当たり比率(80%)により、MAX機にも引けを取らない出玉性能を発揮してくれるハズだ。もちろん喧嘩モード以外にも新生「慶次」の見所となる演出はたっぷりと用意されている。特に琉球テイストにリニューアルされた「新キセル演出」と並び「新4大演出」を構成する「最強カットイン演出」「あの日の茶会演出」「慶次出立演出」は、大当たりを射止めるには欠かせない重要演出となるぞ。