パチンコ : CRくるくるぱちんこ新EX麻雀2

CRくるくるぱちんこ新EX麻雀2


ニューギン/2013年7月導入開始


『大当たり絵柄』



『スペック M-KX』
大当たり確率:1/299.25→1/137.1
賞球数:3&2&9&14
ラウンド数:2or4or16R/8C
確変:90%(ST200回転)
振り分け
ヘソ
4R確変(サポ潜伏時100回or通常時50回):75%
2R突確(サポ200回):15%
4R通常(サポ潜伏時100回or通常時50回):10%
電チュー
16R確変(サポ200回):90%
16R通常(サポ100回):10%


『機種紹介』
『CR新EX麻雀』の後継機が、「ダルマッシュ」シリーズで好評を博した「くるくるぱちんこ」第2弾として登場した。本機は人気女性パチンコライター7名が監修を務めており、各ライターの意見を取り入れたスペックや役モノ、そして演出内容に仕上がっている。また、女性ライターは監修のみならず、キャラクターに扮したコスプレで実機に出演を果たしているのも大きな特徴だ。ゲーム性で注目したいのは、プレイヤー参加型の「やる気ゲート」。本機はスタートチャッカーが盤面左にあり、従来ヘソがある部分にはこのやる気ゲートが搭載されている。スタートに入賞した玉はステージへと進むのだが、その際にタイミング良くボタンをプッシュすることで、玉を持ち上げてやる気ゲートに入れることが可能。見事玉が入れば液晶でパンダのファンファンが信頼度などを告知してくれる仕組みだ。なお、スペックは『〜M-KX』と『〜H-KX』の2種類が用意されており、いずれも通常大当たりの振り分けがあるロングST仕様となっている。電サポ中(電チュー入賞時)の大当たりは全て16ラウンド分の出玉を獲得できるぞ。