スロット : バイオハザード5

バイオハザード5


エンターライズ/2012年12月導入開始


『リール配列』



『役構成』



『機種紹介』
シリーズ累計5000万本販売(2012年6月30日現在)を記録した大ヒットゲームとのタイアップ機『バイオハザード5』がエンターライズより登場した。ART「HAZARD RUSH」は1ゲームあたり約2.3枚という強力な純増枚数に加え、液晶画面の乱れやリール始動の遅れ&ストップボタンのフリーズといった「筐体の乱れ」と共にレア小役の出現率が大幅にアップする「UROBOROS MODE」も搭載。突入すれば直接のゲーム数上乗せだけでなく、ゲーム数減算がストップする「EPISODE」や毎ゲーム上乗せに期待が持てる「SHOOTING BURST」突入の大チャンスとなるぞ。ART突入はチャンスゾーンを経由するパターンがメインで、「パニックゾーン」→「イリミネートミッション」→「ウェスカーゾーン」の順に期待度がアップしていく。チャンスゾーンには各種レア小役を契機に移行し、特に殲滅リプレイ(チェリー&斜めリプレイ)成立ならば激アツだ。