スロット : パチスロ大工の源さん〜いくぜっ!炎の源祭編〜

パチスロ大工の源さん〜いくぜっ!炎の源祭編〜


三洋/2012年12月導入開始


『リール配列』



『役構成』



『ペナルティ』
通常時に変則押しをするとペナルティが発生する可能性アリ


『機種紹介』
三洋の看板タイトルである「源さん」が今度はパチスロになって登場した。本機『パチスロ大工の源さん〜いくぜっ!炎の源祭編』は、2種類のボーナス(BIG:純増約200枚、REG:純増56枚)とゲーム数上乗せタイプのART「源祭」で出玉を増やす仕様となっている。ARTは1セット50ゲーム+α、1ゲームあたり約1.5枚の純増で、主に自力チャンスゾーンの「山車出しチャンス」やボーナスを経由して突入。ART中はスイカやチェリーといったレア役成立でゲーム数上乗せのチャンスとなり、チャンス目やハズレで上乗せ高確率ゾーン「わっしょいゾーン」への突入抽選が行われる仕組みだ。わっしょいゾーンの継続ゲーム数は10〜50ゲームで、この間はリプレイを除く小役が成立するたびに必ずゲーム数が上乗せされるぞ。また、パチンコの確変2回ループを模した上乗せ特化ゾーン「源揃いの儀」にも注目したい。突入契機は通常時の「全回転フリーズ」やART中の「源」絵柄揃いとなっており、突入すれば「源」絵柄揃いのたびにゲーム数を上乗せ&チャンスが2回に復帰。「源」絵柄揃い期待度は50%と高い上、「源」絵柄の2連続非成立となるまで継続するので、大量ゲーム数の上乗せに期待しよう。