スロット  : キン肉マン 〜キン肉星王位争奪編〜

キン肉マン 〜キン肉星王位争奪編〜


山佐/2012年10月導入開始


『リール配列』



『役構成』



『ペナルティ』
通常時に変則押しをするとペナルティが発生する可能性アリ



『機種紹介』
多彩なARTを詰め込んだハイブリッドARTマシンへと進化した『パチスロ キン肉マン 〜キン肉星王位争奪編〜』が山佐より登場した。本機のART「MUSCLE BONUS」(1ゲームあたり約2.7枚の純増)は、キン肉マンがバトルを勝ち抜くに連れて差枚数管理型の「VSマリポーサ」→ベルナビ回数管理の「VSゼブラ」→ゲーム数上乗せタイプの「VSフェニックス」とARTの性質が変化していく。VSマリポーサとVSゼブラは約9分の1で規定枚数(7〜333枚)orベルナビ回数(1〜55回)を上乗せ。VSフェニックスはキン肉マンが倒れるまでARTが継続し、継続率(50〜90%)だけでなくレア小役時に獲得できる「火事場のクソ力」ストックによる連チャンもアリだ。また、全ART共通の上乗せ契機として青7or黒7揃いから突入する7ゲームの超上乗せゾーン「SUPER HUSTLE TIME」も搭載されており、毎ゲーム約1.2分の1で上乗せが発生する。更に、7揃い後の1ゲーム目に0G連アクション「MUSCLE IMPACT」が発生すれば大量上乗せが約束されるぞ。なお、ARTは「パチンコモード」での消化も可能で、こちらは規定ゲーム数以内に大当たりを引くことができれば50〜1000枚の上乗せとなる。