スロット : 戦人〜上杉謙信〜

戦人〜上杉謙信〜



KPE/2012年9月導入開始/設置期限2015年7月




『リール配列』





『役構成』





『スペック』







『機種紹介』

KPEから登場した『戦人〜上杉謙信〜』は強力なゲーム数上乗せ機能を備えたART特化型のマシンで、起点となるメインART「戦人RUSH」は1セット40ゲーム+α・1ゲームあたりの純増は約2.0枚という高い性能を誇る。ARTはレア小役or周期で移行する「(超)乱れ龍モード」(期待度約30〜60%超)か、ミッションリプレイから移行する「妖魔ミッション」(期待度約50%)と呼ばれるチャンスゾーンが主な突入契機。ART中のレア小役やチェリーの連続出現を契機に赤7揃いが出現すると上乗せゾーン「戦人乱舞」(10ゲーム継続)が、赤7のダブルライン揃い出現で超上乗せゾーン「天下・戦人乱舞」(20ゲーム継続)がスタートする。どちらの上乗せゾーンもレア小役の出現率が大幅にアップするだけでなく、終了後には引き戻しゾーン「蒼月の刻」or「紅蓮の刻」に移行するというループ性を秘めた仕様で、前者は引き戻し成功で上乗せゾーンの複数ストック確定、後者は引き戻し期待度約70%(初回のみ)となっている。また、上乗せゾーンを高確率でストックするエクストラARTとして「真・戦人RUSH」(20or30ゲーム継続)も搭載。ART準備中に「神の門」に移行すれば突入の大チャンスとなるぞ。