CR眠狂四郎(ニューギン)

CR眠狂四郎(ニューギン)

●6月3日納品開始予定。本体定価36万9000円、セル定価31万9000円。「KAZE」枠および「轟」枠。リユースプランの「ECOパチ」プラン対応機種。
●柴田錬三郎が1956年に「週刊新潮」で発表した小説「眠狂四郎無頼控」に登場する江戸時代の剣客「眠(ねむり)狂四郎」がモチーフ。本機オリジナルの実写版キャラクターとして、「眠狂四郎」役に細川茂樹、ヒロイン「美保代」役に菊地美香を起用した。演出のメインはCGグラフィックスであるが、全回転リーチや通常時の「ゲームナビゲーターシステム」に実写映像が使われている。




●発売されるスペックは2種類。
 「〜LR‐K(X)」は、大当り確率319.69分の1、確変突入率85%のST80回を搭載したローミドルタイプ。潜伏確変・小当りを搭載。
 「CRジャンボRUSH」を踏襲する“ジャンボミドルSPEC”となっており、非確変率15%を搭載することにより80回転のロングSTを実現させている。電サポからの大当りの39%が約2000個出玉の16Rフル大当りとなっており、マックスタイプに近い差玉を期待できる。ST継続率77.15%、平均TY4316個、平均大当り回数4.134回。「CRジャンボRUSH」のST到達636.1分の1を本機では552.4分の1として、遊びやすくしている。
●「〜L5‐K(X)GO楽」は、ヘソ賞球5個の「GO楽」シリーズ機。大当り確率240.94分の1、大当り終了後には確変突入率100%のST13回転が付く。
●役物には、「狂四郎」の「円月殺法」を再現した「円月ギミック」を搭載。そのほか、「巨大ロゴ可動体」、「十字架ギミック」、「ドラムギミック」がある。
●「〜LR‐K(X)」では、潜伏確変もしくは小当りで「ぶらり旅系モード」に移行。出玉無・電サポ有大当りでは「異国屋敷モード」に突入する。赤図柄大当りでは「仮象記RUSH」に突入し、2回以降は「夢幻地獄バトル」となる。


『スペック』