P:CR新宇宙年代記ゼロデザイズ(高尾)

【CR新宇宙年代記ゼロデザイズ】

●5月13日納品開始予定(先行500台のみ)。目標販売台数8000台。本体定価34万4000円、セル定価30万4000円。「フレアウイング」枠。




●タイアップコンテンツは、松本零士作品の「新宇宙年代記ゼロデザイズ」。松本作品初となる「戦闘ロボット」が登場する。
 収録楽曲「燃やせ!ゼロ魂!」を、アニメソング界の“帝王”水木一郎が熱唱している。
●発売されるスペックは3種類。全スペックとも、大当り終了後に確変突入率100%のST74回転に移行する。潜伏確変・小当り非搭載。
 「〜ZNV」は、大当り確率399.6分の1のマックスタイプ。ST継続率約76%、平均大当り継続回数約4.1回。ヘソ、電チューからの大当りの約50%が最大払出個数2400個となる。
 「〜SNV」は、大当り確率299.2分の1のミドルタイプ。ST継続率約71%、平均大当り継続回数約3.5回。電チュー大当りの50%が最大払出個数2400個。
 「〜AKV」は、大当り確率199.8分の1のライトミドルタイプ。ST継続率約66%、平均大当り継続回数約2.9回。電チュー大当りの50%が最大払出個数2016個。
●大当りの16Rもしくは4Rとの分岐点は「スロット演出」となっており、「赤7」揃いのBBで16R、「赤7・赤7・BAR」のRBで4R大当りとなる。STは3段階で構成されており、40回転まではさまざまなミッションが出現する「魔船チャンス」、その後の3回転は「トリニティ充填チャンス」、残りの31回転は、通常モードの演出を高確率で味わう「零の記憶」となっている。
●盤面上部の「零ドクロ」役物が、液晶を覆い隠して合体すれば、信頼度30%以上、さらに破壊されれば60%以上となる。役物にはほかに、「ハヤフェイス」、「グルグルブラウザー」、「零レーザー」、「ゼロランプ」などがある。オリジナル柄「ハート」が出現すれば、信頼度は50%以上となる。

『スペック』