快盗天使ツインエンジェル3(サミー)

快盗天使ツインエンジェル3(サミー)

10月2日納品開始予定。

本体定価39万8000円。型式名「ツインエンジェル3X」。「エンジェルパネル」と「ファントムパネル」の2パネルを用意。

BB・RB-RTタイプ。ノーマルAタイプに、1セット33ゲームの完走型RT「エンジェルタイム」が付く。有効ライン数は、3枚掛け時5ライン、1枚掛け時2ライン。マイスロ機能搭載。





ボーナスは、BBとして330枚を超える払い出しで終了、平均獲得枚数約260枚の「ハイパービッグボーナス」(HBB)2種類、同240枚‐約210枚の「ビッグボーナス」(BB)2種類、RBとして同72枚‐約77枚の「ミドルボーナス」(MB)2種類の計6種類を搭載。
 BB中には、HBB・BB共通の後告知モード「ラブリーBIG」、完全告知モード「キュンキュンBIG」と、BB限定のチャンス小役告知モード「ロリロリBIG」の3つの告知モードから選択可能。モード中の告知発生で次回RT突入となる。「ロリロリBIG」は、業界初となるボーナス中の内部状態移行システム≠ニなっている。液晶に告知された小役とリールが矛盾すればナビを獲得できるのだが、夜背景となれば矛盾の発生期待度が約3分の1へとアップする。レア役当選が内部状態移行の契機となっている。また、HBB中の限定モードとしてチャンス告知モード「ツンデレBIG」があり、RTストック獲得可能な「白7」揃いのチャンスとなる。

HBB中、左リールに「赤7」を狙う「1確チャンス」発生時の「1確目」停止から、「白7」揃い出現率が約70倍アップして約1・5分の1の確率となる「エンジェルラッシュ」に突入。最大21個以上のRTナビストックが可能となる。

ボーナス終了後には、ナビ上乗せのチャンスゾーン「エンジェルチャンス」に移行。小役などによりナビを獲得する。弱チャンス目から「エンジェルチャレンジ」に移行し、押し順に正解すれば、RTへと昇格する。RTのラスト3ゲームはバトル演出となっており、勝利すればボーナスと次回ナビストックが確定。滞在ステージによってボーナス期待度が変化し、最深部になれば激アツ。

演出量は前作の約2倍に増加。収録楽曲も前作の4倍となる全26曲に増加した。「エピソードボーナス」は全4話が収録されており、「エンディング」は業界最長≠ニなる。また、導入後一定のタイミングで演出を変化させる「Ver.アップ機能」を搭載。
 すべての演出が「マイスロ」とリンクしており、実機の演出や楽曲がマイスロ機能を通して増加し、カスタマイズも可能となった。年間を通じて月ごとの演出が発生する「シーズンリンク機能」、プレイ数に応じて獲得したコインでアイテムを入手する「きゅんガチャ機能」が新たに追加されている。



『スペック』