「CRろくでなしBLUES」

「CRろくでなしBLUES」






大手パチンコメーカー、サミー(株)のオフィシャルサポーター、サミーガールズの3人が31日、都内ホールで行われた今秋注目の同社新機種「ぱちんこCRろくでなしBLUES〜頂上血戦〜」の発表会に登場した。

 同機は1988年から97年まで、森田まさのり氏が「週刊少年ジャンプ」に連載して人気を博したヤンキーたちが主人公の青春漫画とのタイアップ機。大当たり演出などで流れる曲をケツメイシ、湘南乃風、10−FEETが提供しており、音楽的にも注目を集めそう。

 サミーガールズの小塚真央(21)、松井ありさ(20)、河原実乃梨(22)は同漫画のキモのひとつ、たこ焼きをほおばりながら「このたこ焼きのような激アツのストーリーや演出、豪華アーティストの楽曲も楽しんでね」とPRした。ホール導入は10月中旬からの予定。






会場では原作の名シーンである卒業式をコンセプトに進行され、来賓祝辞として、原作者の森田まさのりからのメッセージVTRも上映された。

 同機は、大当り確率326分の1で確変突入率75%、潜伏確変、小当り非搭載。確変中は、同社の「北斗の拳」を彷彿させる右打ち消化のバトル演出となっており、16R大当りの出玉は約2000個。見所は、保留連の際に発生する「天下無敵BONUS」。

 10月16日より納品開始予定で、8日より内覧会が開始される。