激シーサー(ネット)

激シーサー(ネット)




9月19日納品開始予定。

1000円あたりのベースは、約34・6ゲーム。コイン単価は、2・3円から2・5円。有効ラインは中段1ライン。3枚掛け専用。型式名「激シーサー2」。

ART「激TIME(ハゲタイム)」は1セット40ゲームの押し順タイプ。1ゲームの純増枚数は約2・0枚。ゲーム数上乗せとセット数上乗せが同時抽選される「ダブル上乗せシステム」。上乗せゲーム数は、5ゲームから300ゲーム、最大上乗せセット数は6セット。画面上に残りゲーム数と残りセット数が表示される。


『スペック』




ARTへの突入経路は、通常時からと「激CHANCE」からの2通り。内部的にはBBの「激CHANCE」は、ボーナスというよりも「ART抽選ゾーン」として性格付けがなされており、押し順ナビに従って出玉を増やしながら、ART抽選を消化する。

3種類のBBを搭載。すべて80枚を超える払い出しで終了、純増枚数最大54枚。
 「青7」揃いからの「SUPER激CHANCE」は、ART3セット以上、「赤7」揃いからの「激CHANCE」はART1セット以上、「桃7」からではART抽選が行われる。
 BB中に液晶画面に「!」と表示されると「JACイン(BONUS GAME)」成立となるため、全リールで「赤7」と「桃7」の塊を狙い、「JACイン」入賞を回避する必要がある。「JACイン」は4種類あり、8回の入賞または12回の遊技で終了する。

BB中のART抽選は、当選時、「レア小役」成立時、終了まで残り18枚で突入する「パトライトチャレンジ」演出時の3段階。BB当選時に「赤7」もしくは「桃7」が揃えばART確定。「パトライトチャレンジ」中にシーサーの口からパトライトが出現すればART確定となる。

通常ゲームは、「シーサーステージ」、「ハイビスカスステージ」、「シャッターステージ」の3種類。通常ゲームでのARTの抽選モードには「通常モード」と「高確モード」があり、「シャッターステージ」では高確滞在が濃厚となる。「チャンス役」当選でART抽選が行われ、それにハズレても高モードへの移行抽選が行われる。
 設定@の場合、「通常モード」中には、「中段チェリー」のART当選確率33%、「3連チェリー」と「強スイカ」はほぼ高確へ移行。同じく設定@の場合、「高確モード」中は、「中段チェリー」のART当選確率100%、「3連チェリー」では33%、「強スイカ」で20%。
 これら小役当選時には、筐体上部の「激ランプ」が最大32ゲーム間点滅し、高確モードあるいはART前兆チャンスを示唆し、期待感を持続させる。

液晶演出で高確滞在を示唆する演出は「シャッターステージ」移行の他、「激マーク(大)」出現、「シーサーステージ」での「魚群(大)」出現、「ハイビスカスステージ」での「雷鳴+雪降り」などがある。


『リール配列』