マジカルスロット 魔法少女隊アルス(藤商事) 情報追加


魔法少女隊アルス(藤商事)

9月4日納品開始予定。
本体定価36万8000円。
販売予定台数1500台。

BB・RB‐ARTタイプ。1000円あたりのベースは約30ゲーム。有効ライン数は変則4ライン。型式名「マホウショウジョタイアルスFSB」。

ART「アルスタイム」の純増枚数は1・4枚。1セットあたり10回の押し順小役ナビが付く「ATナビセット型」であり、平均継続ゲーム数は50ゲーム。

ボーナスはBB1種類、RB1種類の計2種類。BBは298枚以上獲得で終了、純増約200枚。RBは7ゲーム又は7回入賞で終了、最大純増70枚。

2004〜2005年にかけてNHK教育テレビで放送された、STUDIO4℃制作による同名のアニメ作品とのタイアップ。原作は「牙狼〈GARO〉」などで知られるSFアーティストの雨宮慶太。冒険ファンタジーによる世界観を、液晶演出やゲーム性で再現している。





本機の特徴は、プレミアムART「スーパー・アタック・ラッシュ・タイム」、ART「アルスタイム」、ART上乗せゾーン「マジカル7チャンス」の3つ。

「スーパー・アタック・ラッシュ・タイム」(以下「SART」)は、当選すれば期待値2500枚もしくは1000枚のいずれかというロングARTに突入する。期待値による振り分けは1対1。
 ゲーム数管理によって300ゲームに1回、抽選が周期的に行われており、当選すれば契機となる32ゲームのチャンスゾーンへと突入する。演出上のチャンスゾーンへの移行条件は、通常時に「光の玉」を5つ集めること。

ARTへは、準備モード滞在中に「特殊リプレイ」当選より突入する。ART中は押し順ナビによってメイン小役「スイカ」を獲得しコインを増やす。継続率+ストック方式≠フために、1セットAT10個を終わらせることなくどれだけ継続させることができるかが出玉の鍵。AT10個の消化後に、継続抽選が行われる。
 ART中のボーナス当選時には1セット以上をストックし、ボーナス消化後にストックを放出する。

ART上乗せゾーン「マジカル7チャンス」へは、ART中の特定小役当選時によって液晶中央下の時計が進行し、針が1周した時点で突入。「リプレイ」当選まで1ゲーム連がつづき、ナビに従い「赤7」を目押しすることによりATナビを上乗せしていく。
 AT上乗せ数は30、20、10、5のいずれか。1ゲーム連は、最低2連、最高9連まで継続する。ATの上乗せ数に上限はなく、もし9回連続で「30」を引いた場合には270個のATを獲得することになる。

ボーナスと小役の同時当選期待度は、「チャンス目」>「強チェリー」>「強スイカ」>「弱チェリー」>「弱スイカ」>「ベル」。



『スペック』