『新機種情報』 びっくりぱちんこ銀河鉄道999(京楽)

【新機種情報】びっくりぱちんこ銀河鉄道999(京楽)







【びっくりぱちんこ銀河鉄道999】

●7月31日納品予定

●本体定価39万9000円、

●松本零士原作のSFアニメ「銀河鉄道999」とのタイアップ。

●大当り出玉約2000個の「スーパーギャラクシーボーナス」と、同約1400個の「ギャラクシーボーナス」の2種類の大当りを搭載。

●さまざまなポイントでメーテルが出現すれば激アツ。「ウィンドウステップアップ」、「会話予告」、役物「999号ギミック」の発動後、リーチ後のカットインなどで出現する。もうひとつの激アツポイント、役物「999号ギミック」落下時の大当り期待度は約40%。

●潜伏確変当選時は「アルカディアモード」に突入する。突入契機は、液晶ハズレ後に「トリさん」が「アルカディアエンブレム」を引き上げる、「ハーロックチャンス」での演出成功など。「ハーロックチャンス」発生時は同モードへの突入期待度が高い。

●確変「スリーナインモード」で「鉄郎」がバトルに勝利し、「鉄郎」ギミックが発動すれば確変が継続する。敵により確変期待度が異なり、「機械伯爵」〈「ファウスト」〈「プロメシューム」の順に期待度が高くなる。
 確変図柄でのリーチは「鉄郎」の攻撃となり、大当りのチャンス。通常図柄でのリーチは敵の攻撃となり、確変終了のピンチとなる。バトル敗北時はメーテルが出現する復活演出も用意されている。「3」の上段リーチ、「9」の中段リーチ、「BIGボタン」の出現などは大当りが確定。通常図柄が揃ったあとに「999号」が左に路線を変更すれば確変昇格のチャンスとなる。
 大当りがつづくと「劇場版銀河鉄道999」の名シーンが、さらに大当りがつづくと「さよなら銀河鉄道999」の名場面を見ることができる。

●多彩な先読み予告演出を搭載。同一図柄がズレ目で3つ停止する「チャンス目予告」は「鉄郎」の掛け声付きであれば期待度アップ。先読み専用ゾーン「プロメシュームゾーン」へ突入すると激アツ。
 その他の予告演出は、「食堂車」や「アルカディア号船内」など4つのモードに突入する「ミニモード」、変動開始時に図柄が光る「図柄スタート予告」、保留アイコンが変化し、色によって期待度が変わる「保留予告」、液晶上部の「車輪」役物が発光する「車輪予告」など。
 連続予告には、汽笛が鳴りスベリ予告に発展する「汽笛予告」、ストーリーが進むほど期待度がアップし、カラーなら激アツとなる「連続ストーリー予告」などが用意。

●リーチアクションは、「エピソードリーチ」、「車掌リーチ」、「アニメリーチ」など。「エピソードリーチ」のミッション成功、「アニメリーチ」ハズレ後の「999号ギミック」落下などから発展する「決戦VSリーチ」は、「VSプロメシュームリーチ」なら激アツ。