全日遊連の加盟店調査、パチンコホール、6月中の廃業店舗数は33店舗、新規店舗はゼロ

全日遊連が全国の加盟ホールを対象に実施している組合加盟店舗の実態調査によると、2019年7月17日現在の加盟ホール数は9, 071店舗となった。

調査期間中の新規店舗数は0店舗。

6月中の新規店舗数はなく(前月同月比5店舗減)、廃業店舗数は33店舗(同1店舗増)、休業店舗数は101店舗(同1店舗増、同月中に発生した休業店舗は10店舗)となり、依然として店舗数が減少する結果となった。

遊技機の設置台数は、パチンコが240万3,205台(前月比5,207台減)、パチスロが153万4,823台(同3,089台減)、その他遊技機も含めた総台数が393万8,065台(同8,296台減)。

総台数は前月比8,296台減の393万8,065台と厳しい状況が続いている。

今年1月からの6月までの半年間では、店舗数が148店舗減、パチンコが2万4,055台減、パチスロが4,782台減となっている。