闇スロで常習賭博の疑い、神奈川で従業員を逮捕

横浜市にあるゲーム機賭博店で、通常よりも賭け金の高い「闇スロ」で客に賭博をさせていたとして、同店の従業員の男2人が逮捕された。4月3日付で日テレNEWS24が報じた。

常習賭博の容疑で逮捕されたのは吉田頼裕容疑者(25)と武洋行容疑者(43)の2人。警察によると2人は3日未明、「闇スロ」で客7人に賭博させた疑いが持たれている。

警察の調べに対し2人は「お客相手に賭博したことは間違いありません」と容疑を認めているという。

同店はほぼ24時間営業だったとみられ、警察では他にも賭博に関わった人物がいるとみて調べを続けている。