ベガスベガスが2店舗目となるカジノ施設を開業

パチンコ店「ベガスベガス」を北海道、山形、宮城、栃木、東京の各県でチェーン展開しているベガスベガスは、ベトナムのハノイ市に新たなカジノ施設「ハリウッドワン ゲーミングクラブ ハノイ」を開業した。
同社によるベトナムにおけるカジノ施設の展開は、2017年12月に同市内にオープンした「ハリウッドワン ゲーミングクラブ ハロンベイ」に続き2店舗目となる。

新店の立地は、観光名所で有名なオペラハウスからチャンティエン通り沿い、左手にある5つ星の高級ホテル「ホテルデルオペラ」内。施設内には、著名画家による絵画が随所に飾られており、芸術的な雰囲気を感じながら、ルーレット、バカラ、スロットなどのゲームに興じることが可能な空間演出が施されている。

営業は24時間で定休日は無い。

同社では、「ハノイには7,802人(在ベトナム日本国領事館登録数)の日本人駐在員が住んでおり、駐在員の娯楽、コミュニティーの場となればと考えている。
今後は2号店オープンを弾みにして、海外事業拡大により一層力を注いでいく」としている。