カジノ広告、空港などの入国手続き区域に限定

政府は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の要件などを定めたIR整備法施行令を閣議決定した。

それによると、カジノの広告が出せる場所は、外国人観光客の誘客に限り、国際線が就航する空港や湾岸の旅客ターミナル内の入国手続きなどを行うエリアに限定した。

カジノの面積は、IR施設全体の延べ床面積の3%が上限。また、マネーロンダリング(資金洗浄)対策として、100万円を超える現金取引をした場合は、政府が新たに設ける「カジノ管理委員会」への報告を義務づける。

カジノの営業ルールに関してもカジノ管理委員会が別の規則で定める方針という