遊専協が「遊技機ゴト対策セミナー」

遊技機の入れ替え業者が加盟する遊専協(高橋和裕理事長)は2月25日、東京都台東区の「パズル浅草橋」でゴト対策セミナーを開催。

ゴト対策事業を展開する光球遊セキュリティー事業部の古山直人次長が講義した。

古山次長は、「過払いゴト」の手口を紹介。「過払いゴト」は、回胴装置基板などを不正品と交換し、遊技中に特殊な手順を踏むことにより、既定の払い出し枚数を強制的に増加させるもの。「パチスロ北斗の拳 修羅の国篇」などで、被害が確認されている。
主基板と回胴装置基板をつなぐ42Pフラットハーネスは、カシメなどで固定されていないため、10秒ほどで交換可能。

小型のボタン電池を主基板のロムチェッカーにある穴に差し込むことによって、微弱電流を発生させ、不正ハーネスを交換した際のクレジット部分のエラー表示も妨げる。
このハーネスを採用している機種であれば、どの機種でも不正を行えるという。

古山次長は、入れ替え作業の際には、台鍵を預かるため、疑いを持たれないような工夫が必要だと指摘。
「作業に入る前に、持ち込む道具一覧を写真に撮り、ホールさまに提出することや、来たときと帰るときの状態が同じかなどのチェックが大切」とアドバイスした。