全日遊連組合員数調査 10月の新規店はゼロ

全日遊連がまとめる各都府県方面遊協の組合員数調査で、この10月の新規店舗数がゼロだったことが明らかになった。
月内の新規店が1店もないのは、平成19年に統計を取って以来、初めて。
営業店舗数は前の月から59店舗減って9,303店になった。
遊技機台数は不調が続くパチンコ機が1万2,827台の大幅減で243万361台になったほか、パチスロも7,245台減の153万7,687台となった。
1月から10月までの新規店数は合計101店であるのに対して、一方の廃業店はその5倍近い492店になっている。