ダイナム 「平成30年7月豪雨」の復興支援として4022万円を日本赤十字社へ寄託

(株)ダイナム(本社/東京都荒川区)は10月15日、「平成30年7月豪雨」により被災した地域住民への支援として、同社の藤本達司社長(写真・左)が日本赤十字社を訪問し、大野博敬パートナーシップ推進部長(同・右)へ義援金4022万5021円を寄託した。

義援金は、7月10日から8月31日の期間において、店舗の来店客により協力してもらった1896万3900円と、来店客から受付した67万9861円、グループ従業員から受付した87万3049円、グループ会社のビジネスパートナーズが制作した「さをり織り」のチャリティー売上金6万4450円、さらに同社から1964万3761円を拠出した合計額となっている。

大野パートナーシップ推進部長は、「この度は、ご訪問、寄託をしていただき誠にありがとうございます。
本来であれば、日本赤十字社は必要とされないことが理想の姿です。しかし、ここ最近では全国各地での震災が多く、あらゆる地域において活動する機会が多くなっているのが現状です。
御社よりお預かりした金額は、全額義援金として7月豪雨において被災された方々のもとへお届けいたします。また、店舗においても日頃よりさまざまな社会貢献活動をされていますので、各地域の日本赤十字社と共に活動をしていければと思います。これからも地域共生としての活動を継続的にしていただけますと幸いです。今後ともよろしくお願いいたします」と述べた。