2017年度パチンコ関連機器市場は1兆円割れ

「2017年度パチンコ関連機器市場調査」の結果を公表した。

それによると2017年度のパチンコ関連機器全体(パチンコ機、パチスロ機、周辺設備機器)の市場規模は、メーカー売上金額ベースで8,574億円で前年度比85.5%、金額にして1,452億円の大幅マイナスとなった。

遊技機市場(パチンコ機、パチスロ機)は7,591億円。
パチンコ機市場は5,157億円(前年度比98.1%)と、各メーカーの主力製品が善戦したことで横這い推移を堅持したが、パチスロ機市場は2,434億円(同68.1%)と大幅に縮小した。縮小の背景には5.9号機の稼動低迷によるホールのパチスロへの投資を鈍らせたことや、販売ロット数の低下が指摘されている。

一方、周辺設備機器の市場規模は982億円(同82.4%)で、遂に1,000億円の大台を割った。
原因については、2017年度の新規出店店舗数が149件と過去最低だったことに加え、そのうちの120店舗が既存設備を流用する居抜き出店であったことが、周辺設備機器市場の急速な縮小に拍車をかけたと同社では分析している。

リリースでは今後は、遊技機販売市場の市場環境が好転する要素がなく、設備投資も引き続き消極的な傾向が続くとして、更に厳しい環境に突入する見通しとしている。