設定付きぱちんこ

設定付きぱちんこ機第1弾「Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW」、完全な新台である設定付きぱちんこ機「PAミルキーバー」、それぞれが満を持して導入されたわけだが、今のところ、所感として悪くない、むしろ、設定付きぱちんこの可能性を感じるユーザー支持率で推移している。

特に「PフィーバーヴァルヴレイヴW」に関しては、2018年3月に導入されたライトミドルスペックから多少の演出追加はあるもののベースは同じものであるにも関わらず、高めの支持率で推移しているところを見るに、ユーザーが設定に一定の期待をしていると推測できる(本流スペック導入から半年ほど経過した後、別スペックをリリースした場合、支持率は普通以下からスタートするのが一般的な傾向である)。

SNS等では設定推測等での盛り上がりを見せ、それに呼応するかのように一部ホール側も積極的に高設定を使用するお店があり、大きな可能性を感じる。特に若年層ホール責任者の場合は、ぱちんこ好きよりもパチスロ好きが多く、設定の入れ方などに拘りを持たれた方が少なくなく、設定付きぱちんこにも意欲的であるところも好調の要因である一つのように思う。

当然のことながら、もっとも支持を受けている要因は「高設定=勝率が高い」という当たり前の法則が、ぱちんこでも同様であることが薄っすらとでも認知されたということであろう。これは、当たり前のように見えて、ユーザーが体感したことは大きいと個人的には感じる。

長年、釘による割数調整が行われてきた歴史を考えるのであれば、設定付きぱちんこが導入となったとしても、ユーザーが疑心暗鬼になるのは致し方ない、いや、むしろ、最初は疑うことの方が健全であると考える。
しかし、今現在の反応を見る限り、導入後も設定そのものに否定的な声は少なく、上々の滑り出しといっても過言ではない。

次なる展開としては、設定付きぱちんこのミドルスペック、特にぱちんこ大型版権と呼ばれるタイトルが一つのポイントになるであろう。
当webサイトの業界ニュースでも話題になっている保通協の適合率だが、パチスロ6号機の適合率の低さばかりがピックアップされているが、ぱちんこ新基準機の適合率も決して高くはない。
特に、ミドルスペックの適合率に関して、現状は壊滅的な数値なのである。