パチンコ市場は20兆円割れ

2017年のパチンコ市場は前年比8780億円減の19兆5400億円。
参加人口(ホールに年1回以上行ったと回答した人の数)は同40万人減の900万人だった。
ホールに行った人の年間平均回数は29.8回から29.4回、年間平均費用は8万8900円から8万5100円と、それぞれ微減。
参加希望率(パチンコ・パチスロを将来やってみたい、または今後も続けたいとする人の数)は、0.9%マイナスの5.7%となった。

なお、余暇市場全体の規模は、前年の69兆7860億円から0.2%増の69兆9310億円。
「突出して規模の大きいパチンコ・パチスロ市場が落ち込んでおり、微増という結果となったが、同市場を除くと前年比2.1%のプラスとなっている」と述べた。