マルハンはプルタブ収集活動12年目を迎え、累計350台を寄贈

パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開する株式会社マルハン(本社:京都・ 東京、代表取締役社長: 韓 裕)は、2017年度に全国のマルハンで収集したプルタブ約320万枚を車椅子2台に交換し、マッチングとして購入した車椅子4台を合わせた全6台を営業店所在地域の福祉施設へ寄贈いたしました。
この活動は今年で12年目を迎え、本年度寄贈分を合わせると累計350台の車椅子を全国の施設に寄贈しています。



【マルハンのプルタブ収集活動について】

マルハン美しが丘店(北海道)が近隣の小学校からの依頼でプルタブ収集を始めたことがきっかけとなり、それが北海道営業部全体での取り組みへと広がり、2006年のマルハン売上一兆円達成を機に全社での取り組みとなりました。
毎年1月から12月までに各営業店で収集したプルタブを、一般社団法人 環公害防止連絡協議会を通して車椅子に交換し(1台につきプルタブ160万枚 800kg)、マッチングとして購入した車椅子を合わせて、全国の代表店舗から車椅子を必要としている各施設へと寄贈しています。