遊技場数は22年連続減少 回胴式も8年ぶりにマイナス

警察庁保安課がまとめた「平成29年における風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」によると、29年末現在における全国の遊技場数は1万596店で、前の年から390店の減少になった。
年間における店舗減少数はここ7年間、増え続けており、今回の減少数も前年より拡大した。
遊技場の減少はこれで22年連続。前回、ほぼ横ばいながら3年ぶりに店舗数を増やした回胴式専業店も22店減少し、973店になった。

規模別営業所数では「100台以下」が38店減の209店、「101台〜300台」が250店舗減の3,630店、「301台〜500台」が142店減の3,845店と、小規模店舗ほど減少率の大きさが目立った。
一方で、「501台〜1,000台」は18店増の2,603店に、また1,000台以上は22店増の309店になるなど大型店は伸張した。
結果、長く続く店舗の大型化傾向がさらに進行し、1店舗当たりの平均設置台数は6.8台増の418.7台になった。

遊技機台数は不振が続くぱちんこ機が8万3,601台の大幅減で274万9,532台になったほか、増加基調にあった回胴式遊技機も今回は4,792台の減少で168万7,084台になった。
その他遊技機を含めた総台数は443万6,841台で、平成4年以来25年ぶりに450万台を割った。ぱちんこ機の減少は7年連続で、5号機ショックから立ち直り、平成22年にそれまでの減少傾向を反転させた回胴式も、今回、8年ぶりの減少となった。

また、昨年1年間におけるぱちんこ営業における行政処分は、前の年から90件減の781件だった。主要処分事例では、昨年1月、営業所周辺で入賞を容易にした遊技機の設置をうかがわせる内容の新聞折り込みチラシを配布したとして、5月に営業者に対し、広告・宣伝規制違反で指示処分を行った事例が掲載された。

さらに主要検挙事例では、昨年6月、営業所に設置されたぱちんこ機の遊技くぎを、あらかじめ公安委員会の承認を受けないで、遊技機の性能に影響を及ぼすおそれのある変更をするとともに、経営する2つの営業所の敷地内に設置された賞品買取所で客に提供した賞品を買い取ったとして、9月、経営者らを遊技機の無承認変更及び賞品の買取りで検挙した福岡の事例が掲載された。