「大当たり+絶対領域」で出玉感を演出

フィールズはこのほどミズホ製パチンコ新機種『CR遊技性ミリオンアーサー』を発表した。

同機はスクウェア・エニックスが展開する人気ゲームシリーズ「ミリオンアーサー」とのタイアップ機。スマートフォン向けゲームとして2012年、2014年にリリースされ、全世界シリーズ累計総ダウンロード数は3,500万を越えているヒットコンテンツだ。

スペックは大当たり確率1/319.6(高確率時1/85.3)の確変ループタイプ。
確変割合は65%で、電サポ回数は0回or50回or次回まで。大当たりは4R、6R、16Rの3種類を搭載し、獲得出玉はそれぞれ600個、900個、2,400個(いずれも払出値)。

同機は右アタッカー付近に3個賞球の「ミリオンポケット」を搭載している。
大当たり消化中に入賞することで、大当たり+αの出玉を獲得できるのに加え、右打ち中は玉のロスを軽減し、ストレスなく遊技することができる。
この絶対領域は、特図2の16確変大当たりと、特図1のすべての大当たりに付与される。

演出面では、「ギミック」、「次回予告」、「信頼度」、「擬似連」といった、様々なチャンスアイコンが詰まっている宝箱をタッチで開放する保留変化予告や、多彩な擬似連演出、ほかの予告が弱くても発生すれば一気に激アツ必至となる同機最強の「聖剣予告」などが見所となっている。また、スマホゲームではカードとして登場していたキャラクターたちの各種リーチにも注目だ。

納品は1月21日を予定している。