サミー、GRT搭載パチスロ第1弾を初披露

サミーは11月15日、都内のショールームで人気アニメを採用したシリーズ機最新作「パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.」(ロデオ製)の内覧会を開催した。

新機種は、同社がボーナスループの期待感を極限まで追求したという「GRT」を搭載したパチスロ機の第1弾。5.9号機の特徴的な仕様である、有利区間のゲーム数制限にとらわれないRTの可能性を引き出すことで、出玉に対する高い期待感が創出されている。なお、「GRT」の「G」はグレートの略となっている。

基本的なスペックはボーナス+RT。最大獲得枚数250or205枚となるBB後には、必ず150GのRTが発動し、設定1でもループ率50%超という連チャン性が実現されている。

また、最大獲得枚数70枚となるMB後は、50ゲーム+αの特殊RTに突入。
その際、C.C.図柄が揃えば、次回ボーナスまでのRTへの昇格が期待できる。
さらに獲得枚数252枚となる最上位BBの「ギアスBB」を引き当てれば、もれなく次回ボーナスまでのRTが付随する。

ボーナスの合算確率は、1/199.8(設定1)〜1/149.6(同6)。
通常画面やインターフェイス部分が一新されたほか、新たに加わった演出群も見どころの一つだ。