パチンコ関連機器市場、前年度比1,299億円のマイナス成長

竃野経済研究所は9月22日「2017年版パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア」を発刊したと発表した。

同書によると、2016年度のパチンコ関連機器(パチンコ機、パチスロ機、周辺設備機器)の市場規模は1兆14億円で、前年度比で88.5%、1,299億円のマイナス成長となった。

パチンコ関連機器市場の約9割を占める遊技機市場は、2012年度以降、5年連続で減少。2016年度のパチンコ機市場は前年度比85.6%の5,245億円、パチスロ機市場は同96.7%の3,576億円となった。ホールの業績悪化による遊技機への投資意欲の低下、新規出店数の減少の影響を強く受けた。今後について同社では、新規則の施行も予定されており、ますます厳しい市場環境になると予測した。

2016年度の周辺設備機器の市場規模は1,192億円で、前年度(1,485億円)から大幅に縮小。周辺設備機器の導入契機となる新規出店の停滞が主な原因となる。同社調べでは、2016年度のホール新規出店数は171店舗であり、2015年の221店舗から大幅に減少。同社では「2017年度以降も新規出店に関する好材料は見当たらない」と厳しく見通した。

調査は今年4月〜8月に掛けて実施。遊技機メーカー及び周辺機器メーカーを対象に直接面談、電話、メール等によるヒアリングで、パチンコ関連機器市場の実態を調査した。