ニューギンが「パチスロ花の慶次」最新作を発表

ニューギンは6月7日、東京都港区の「赤坂ガーデンシティ」で「戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜」(EXCITE製)のプレス発表会を開催。
同機はART機(純増約2枚/G、1セット最大100G)で、通常時は消化ゲーム数の下2ケタが「87」になるつど、ART当選のチャンス。
ART中はベルorレア役で敵を蹴散らし、全軍を倒すとARTが継続する。

発表会には、ニューギン販売の笹本教光専務とフィールズの吉田永専務が出席。
笹本専務は、今年で「花の慶次」が実機になって10周年になるとして、ファンやホール関係者らに感謝。
同機について、「次の10年に向けた第一歩とすべく、数々のパチスロヒット機を送り出してきたフィールズグループとともに開発した結果、これまで『花の慶次』を育ててくれたすべての方々に恩返しできる機種に仕上がりました」と述べた。
吉田専務は、「開発協力の話をいただいて以来、最高の商品を目指して、ニューギングループと試行錯誤を重ねてきました。自信をもってお勧めできます」とアピールした。

ホール導入は8月21日から。