ニューギンが「戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜」をプレス発表

ニューギンは6月7日、都内赤坂のベクトルスタジオで「戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜」のプレス発表会を開催した。

約1年半ぶりとなる「パチスロ花の慶次」の新機種で、発表会でニューギン販売の笹本教光専務取締役は、同社が初代「花の慶次」のパチンコ機をリリースして10年、さらにパチスロ機のリリースから5年という記念すべき節目にふさわしい機種に仕上がったことをアピール。
「フィールズの開発協力を得て、細部までこだわった作り込みをしたことによって、新たな看板機種としてこれまで『花の慶次』を育ててくれた全ての方々に恩返しができる機種になった」と述べた。
特に、プレイヤーが朱槍を握って押し込むことで天槍を完成させるアクションは、プレイヤー自身が前田慶次になった気分になれる役物として強くアピールした。

ユーザーが慶次となり、朱槍を握って押し込み天槍を完成させるアクションによって、よりリアルに楽しむことができる「大朱槍&天槍役物」のほか、「花周期システム」「戦ART『大合戦ボーナス」の搭載などが同機の大きなポイント。
「花周期システム」は、通常時に「87」「187」「287」といった、下2桁が「87」になる100ゲームごとに周期抽選を行う。「戦ART『大合戦ボーナス』」は、1セット最大100ゲームで1ゲームあたり純増約2.0枚の継続型ART。突入時に敵軍の数を抽選し、全軍をなぎ倒せば継続が決定する。
ユーザー自身の引きがポイントで、ベルやレア役を引けば優位だがリプレイを3連続で引けば劣勢になるなど、熱くて分かりやすい勝負が繰り広げられる。

また、おなじみの四武将が大合戦ボーナスに参戦すれば、力強い援軍になるほか、慶次ならではの「城門突破」や「悪鬼羅刹」「一騎駆モード」、さらに「天槍炎武」など、シリーズ機の魅力を打ち出した演出も用意した。