3回権利のゲーム性再現、初回16Rにドキドキ!

豊丸産業はこのたび、パチンコ新機種『CRドンキホーテ』を発表した。

1995年に発売された3回権利物の『ドンキホーテ2』のゲーム性を完全再現。
前作通り、1度16Rを獲得すると、その後は権利終了するまで16Rが続くというゲーム性が特長で、初回のラウンド抽選のドキドキ感、16Rを獲得した時の達成感が醍醐味となる。

大当たりラウンドは2Rと16R。2R時は左打ち、16R時は右打ちとなり、大当たり間の確変中は電チューがサポート。とくに16R後の電チューサポートは小当たり抽選も兼ねている。

演出では、初代をイメージした「ベーシックモード」、予告や様々なリーチ演出が楽しめる「バラエティモード」、一発告知がメインとなる「マニアックモード」の選べる3つのモードを搭載。
リーチ演出は余計な煽りがなく、どの変動からで大当たりの期待が持てる。

スペックは、
大当たり確率1/229.9(高確率時1/109.2)の229タイプと、
大当たり確率1/159.8(高確率時1/60.7)の159タイプの2種類をリリース。

229タイプの初回16Rの振分けは25%で、出玉は16R1,792個、2R224個(いずれも払出個数)。
159タイプの初回16Rの振分けは30%で、出玉は16R1,120個、2R140個(同)。

3回ワンセットのゲーム性に16Rがまとまった時の出玉感など、短時間での遊びにも適しており、仕事終わりのサラリーマン層や中高年層への訴求が期待できる。

納品は一部地域を除いて7月17日から。