新生バルテック、約4年半ぶりの新機種

バルテックは5月9日、都内港区のノヴィル高輪ビルで新機種「パチスロ ベン・トー」のプレス発表会を開催した。同社の新機種は約4年半ぶり。

新機種は、ライトノベル原作の人気アニメがモチーフ。
閉店間際のスーパーで値引きされたお弁当を巡る戦いという世界観を、迫力の演出で表現したボーナス+ART機となっている。

ボーナス時の抽選や前兆を経て発動するARTは、純増約1.3枚、1セット30ゲーム+α継続する仕様だ。
ARTは多彩なゲーム数の上乗せなどで瞬発力を創出。
ボーナスはBBが獲得枚数160枚、RBが最大40枚を獲得できる。

挨拶した同社の中川敬章マネージャー(写真)は、「厳しい時期だが、いい機械に仕上がった自信はある。
新機種は、奇をてらったものではなく、しっかりと作り込むことを念頭に開発してきた」とピーアールした。

また当日は、通常販売に加え、レンタルプランを用意したことも発表。
レンタルプランの初期導入費は、21万5,000円で、月々のレンタル料が1万5,000円となっている。