5年ぶり新作、「BIG BOSS」筐体で/KPE「悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow」

潟Rナミアミューズメント(沖田勝典代表取締役社長)は4月17日、KPE製スロット新台「悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow(ロードオブシャドウ)」を発表した。

5年ぶりのパチスロ化となる悪魔城ドラキュラシリーズ。
32インチフルHD液晶やハイクォリティサウンドシステムが特徴の「BIG BOSS」筐体での登場となった。

スペックはA+ARTタイプ。複雑なゲームフローや無駄な抽選をなくし、王道スペックを採用。
ハイスペックARTとリアルボーナスによる満足感のある出玉性能を実現した。

ゲーム性の特徴は、ARTストックの抽選システム。
目に見えるストックによる爽快感を味わえる光(オモテ)のARTと、さまざまな場面の闇(ウラ)で行われる抽選により、予測不能な連続性でファンを魅了する「オーバーストックシステム」を搭載した。
なおARTは純増約1.5枚(※ボーナス除く)でART初当り確率は1/599(※設定1)となっている。

本機の導入開始は7月を予定。