豊丸初の小当たりRUSH搭載機/「CRロボゲイシャ」

豊丸産業梶i永野光容代表取締役)は4月10日、都内台東区のショールームにて、パチンコ新台「CRロボゲイシャ」のプレス向け説明会を開催。

2009年に公開された映画「ロボゲイシャ」をモチーフに、奇想天外な世界観はそのままに同社らしいユニークなパロディ要素を加えた本機。「芸者」に因んでお笑い芸人「コウメ太夫」による実写演出も搭載しており、通常時は出現したら大チャンスとなっている。

予告からリーチ演出まで、実写映像を多数盛り込む事で映画の世界観を忠実に再現した本機。加えて、芸者に因んで芸者コスプレ演芸で有名な“コウメ太夫”を演出に起用。アニメから実写まで“コウメ太夫”ならではの多彩な演出が搭載されており、出現すれば大当りのチャンスとなる。この他、筐体左側に設置された「テングンギミック」、右側の「コウメ太夫ギミック」、中央に出現する「ロボゲイシャギミック」による迫力満点の演出も、外せないポイントとなっている。

スペックは、同社初となる「小当たりRUSH」を搭載したシンプルループタイプ。「ロボ乱舞」と名付けられた小当たりRUSH中の期待出玉は約550個(319Mの場合)で、いつまで続くか分からない展開にST機とはまた違ったドキドキ感を堪能することができる。ライトミドルと甘デジタイプも同時販売。